テレビ

IP伝送

確実に、安価に映像や音声を光で届ける。
さまざまな実績に裏打ちされた文化工房のIP伝送サービスです

IP伝送

私たちの提供するIP伝送サービスとは、NTT東日本の「Bフレッツ」など一般の公衆回線(光ファイバー)網を利用して、安価に映像や音声を遠隔地にお届けするというものです。また、収録された映像だけでなくリアルタイムでの伝送も、もちろん可能です。お客さまの御要望に応じて、様々な御提案をさせていただきます。

2004年にテレビ朝日からの受注でテレビ映像のIP伝送サービスを始めました。
2005年からはテレビ東京へも同様のサービス提供を開始。サービス内容は遠隔地での1ヶ月程度の取材映像をほぼ毎日東京の本社に伝送というものと、約8ヶ月の期間内において随時伝送という2通りのサービスを御提供しています。
また、琉球朝日放送へも毎年開催地が変わる国体のIP伝送サービスを提供しました。
企業では、NTT東日本が立ち上げた新規事業の目玉として、大分県の水族館から東京の青山までBフレッツを利用して毎日24時間のリアルタイム映像伝送を手掛けました。
2007年よりハイビジョンIP伝送も提供しています。

・テレビ朝日
2004年~プロ野球春季キャンプ取材
2006年/07年Jリーグ素材伝送
2008年サッカー日本代表合宿素材伝送

・テレビ東京
2005年~プロ野球春季キャンプ取材
2005年~プロ野球ペナントレースニュース素材伝送

・琉球朝日放送
04年/05年/06年国体ニュース素材伝送

・NTT東日本株式会社「IP ZONE AOYAMA」
大分マリーンパレス水族館うみたまごからのライブ映像配信

・東京工業大学
国際(タイ→東京)ハイビジョンIP伝送

IP伝送装置

IP-9500 4台
IP-9500D 1台
IP-900(HD対応) 1台
IP-7000(SD対応) 4台