文化工房ロゴについて

 

ロゴについて

 ロゴマークの多面体はさまざまなメディアを意味し、それぞれの入口は多くの「情報」「人」「メディア」を受け入れ、多種多様なコンテンツやテクノロジーを生み出していく姿を現しています。また、6 面にはそれぞれ「Bunkakobo」の「B・u・n・k・a・o」が配置されています。

※下記は展開図

 

 

 

ロゴタイプについて

ロゴタイプは、文字の曲線と配色を使い、ユニークなコンテンツや新しいテクノロジーを創り出す柔軟性、オリジナリティ、そして豊かな感性を表しています。

 

 

 ロゴマークとロゴタイプのそれぞれを組み合わせることにより「メディア業界をリードするヒットコンテンツメーカーとして、世界の人々に夢と感動を伝える、スーパーカンパニーになる。」という文化工房のアイデンティティ目標を目指すロゴになっています。