男女参画・WLBに対しての取り組み

男女参画・ワークライフバランス(以下WLB)に対しての取り組み

株式会社文化工房では、社員にとって働きやすい環境作りのため、男女参画、WLBに対して、下記の項目について実施しています。 社員各自がそれぞれの仕事と家庭を両立し、各自の能力を最大限に発揮し、社会に貢献できる企業を目指します。

育児休業に対する取り組み

子供が1歳に達するまでの間で、社員の申し出た期間に育児休暇を与える。 育児休暇にかえて、時短勤務を申し出た場合は子供が1歳に達するまでの間、時短勤務を与える。

男性の育児参加に対する取り組み

男性も育児休業が取得できることを浸透させ、希望者へ制度紹介や支援を推進する。経過観察を実施し、取得状況によって支援の再検討を実施する。

介護休業に対する取り組み

介護を要する状態にある家族を介護するため、最長93日の間で社員が希望した期間の、介護期間を与える。

時短に対する取り組み

心身の負担軽減を図り、心身のリフレッシュ促進することを目指して「時短委員会」を設け、総労働時間の圧縮を図っている。

一般事業主行動計画を公表

厚生労働省の仕事と家庭の両立支援に関する企業の一般事業主行動計画・取組を紹介するサイト「両立支援のひろば」に一般事業主行動計画書を公表した。 http://www.ryouritsu.jp/hiroba/search_dtl.php?cn=26502&n=%B3%F4%BC%B0%B2%F1%BC%D2%CA%B8%B2%BD%B9%A9%CB%BC